シンフォームの派遣SE松崎正臣容疑者が名簿業者に転売した流出動機は?

   

   スポンサードリンク
                   

ベネッセコーポレーションから大量の個人情報が流出した事件には、数多くの仲介業者が絡んでいた事は、これまでの調べて分かっている。

そして今日7月17日、容疑者の逮捕となった。
日本の警察がサイバー犯罪に対して迅速になってきているように思う。

逮捕されたのはIT関連会社シンフォーム東京支店の派遣SEである松崎正臣容疑者(39)。

発覚に至った経緯としては、シンフォームの東京支店と岡山支店において、SE(システムエンジニア)のIDを用いてシステムにログインし、個人情報の抜き出しをしたことがシステムの履歴の調査から分かったからです。
また、個人情報の抜き出しが複数回にわたって行われていた事から、勤務状況を洗い出し、今回の容疑者特定に至ったという訳です。

スポンサードリンク

松崎正臣容疑者が犯行に至った動機
それは巨額の借金です。
ベネッセから不正に手に入れた個人情報を名簿業者に転売して得たお金を、その借金返済に充てていたという事である。

このことから、単純に借金があった為のお金欲しさでの犯行と思われる。

事件の今後
容疑者は捕まったが、個人情報を転売した先の名簿業者はまだ分かっていない。
容疑者が捕まった事から、本人の口から自供がある事を期待したいが、名簿業者が分かったからと言ってもう手遅れだという感は否めない。
二次、三次転売により多くの業者に既にわたっている可能性もある訳で、一体いくつの名簿業者が出てくる事になるのか?

松崎正臣容疑者が個人的に転売した名簿業者は10社と言われているが、どこまで事態が拡散してしまうのかが心配だ。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ