タイ人女性に代理出産を頼んだ日本人男性の正体は光通信の御曹司?真相は

   

   スポンサードリンク
                   

日本人男性から代理出産の契約を通じてタイ人女性に子供を産ませていた事が問題となっています。

この事件に関して何が問題になっているのかというと、代理出産をさせたことではありません。
この日本人男性に、子供がかなりいたという事です。
特に事件性はないそうなのですが、
分かっているだけでも15人
マンション一室に一人ずつと言った形で多くの子供を育てていたという事です。

この部分がかなり不可解でなぞが謎を呼び、話題になっています。

それではこの男性の正体に迫っていきましょう

日本人男性の正体は?

これ迄に分かっている情報です。
名前:シゲタ ミツトキ
年齢:24歳
現在地:マカオに滞在中。タイからは逃亡した模様
言語:日本語、英語

スポンサードリンク

男性の写真
タイ人女性に代理出産を依頼した日本人男性シゲタミツトキさん
特徴:
•光通信のCEO重田康光の息子である重田光時氏とプロフィールが一致
•代理出産一人につき報酬が33万バーツ(100万円)で14人だと1400万円の経費がかかっている
•子供一人の養育費として、月に20万バーツ(60万円)がベビーシッターに支給していた。

日本人男性を知る人の証言

<カンボジアのプノンペンに住む日本人男性について知る人の証言>
世界中のいろいろな所に行くんですね?と聞くと
「さすらいのスナフキンだよ」
と笑

自分の事を聞くとちゃかすというか、冗談で返してくるので、あまり深入りして聞いては行けない人だと言う雰囲気を出していたという。
裏商売をしていたような人という訳ではなく、ちょっと痛いようなそんな人柄が浮かび上がりました。

<代理出産を依頼されたタイ人女性の証言>
「本当のお父さんのように出産に興奮していた」
「そんなに裕福そうな感じに見えなかった。」

<タイの弁護士>
「将来子供たちに事業を継いでもらいたい。その為に育てている。タイ国籍も欲しい」

この日本人男性の目的、事件の真相は?

はじめタイの当局は、人身売買の線で捜査していたそうです。
育てた子供たちが10歳前後になったら売り飛ばす恐ろしいビジネスもありますからね。

しかし、それにしてはおかしい点が多々あります。
•保護された9人の乳幼児のDNAが同じ父親の物であるということ。
(ただこの代理出産を頼んだ日本人男性かどうかは分かっていない)
•乳幼児達の父親名義がその日本人男性
•代理出産時に支払われた報酬がかなり高額
•代理出産を依頼した日本人男性がお金持ち

これらの点を踏まえて、日本人男性の遺産相続と節税対策の線で捜査が進められるようになっています。

そんなに大富豪だというのなら、ますます重田光時さんの可能性が高くなってきますよね??

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ