バカリズムの女子への厳しさは高校時代野球部で培われた?卒アル写真も

   

   スポンサードリンク
                   

ピン芸人として活躍するお笑い芸人のバカリズムさん。

boketeなどで見せる独特のお笑いが人気を呼んで、女子からの人気も高い芸人さんです。

しかし当の本人は、売れっ子になった今でもモデルや女優との浮名は流せない日々。

その原因は、人見知りの性格!!

その性格が高校時代の男子校での出来事が原因で作られていると話していましたので、
今回はバカリズムさんの高校時代の鬼畜エピソードをまとめていきたいと思います。

バカリズムの高校時代

本名:升野 英知(ますのひでとも)
出身高校:飯塚高等学校
出身大学:日本映画大学
部活:野球(キャプテン)

飯塚高等学校の野球部は九州大会にも出場するほどの強豪校で、バカリズムさんは野球部のキャプテンをしていました。

飯塚高等学校の野球部が強かった原因は、男子校の女子へのハングリー精神だとテレビで語っています。

共学の生徒は、野球の夏の予選で負けても花の夏休みが待っているけれども、男子校の自分たちには何も残されていない。

その悔しさをバネに野球に打ち込んだのだとか。

そして、高校三年の夏の大会で、打ち負かした共学の野球部のマネージャーから千羽鶴を受け継いだそうです。

しかし、女子嫌いだったバカリズムさんはその千羽鶴を帰り道で捨ててしまったそうです。
鬼畜エピソードを披露するバカリズム
なかなかの女子嫌いです。

それでも、女子へのあこがれは捨てきれず、毎日通学途中の電車の中で見る女生徒に「さえちゃん」という名前をつけて妄想にふけっていたという。

そして、野球部時代のバカリズムさんの卒アルがこちらです。
バカリズムの卒アル

囚人番号で呼ばれていたのかと勘違いするほどの5厘刈り。

確かにいかつくて怖いですね。

今回の記事は以上です。

またバカリズムさんの面白エピソードがあれば更新しますので、是非チェックよろしくお願いします。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ