ホリエモンが語る|宇宙開発が日本企業が低予算でできる理由とその批判

   

   スポンサードリンク
                   

ホリエモンが逮捕されて以来、投獄中にずっと考えていたプロジェクトが宇宙開発。
この宇宙開発が低予算、低費用でできる理由を考察した動画がありましたので、それを書き起こした上で、現在の宇宙開発の現状や宇宙開発における事故、批判について考察して行きたいと思います。

宇宙開発を語る堀江貴文氏


こちらです。

そのそのロケットやその製品は宇宙用といえども所詮工業製品
したがって、大量生産をする事ができれば、そのコストは安く抑えられるという事。
こういった気持ちで取り組んでいるのが今の宇宙開発事業。
では日本でなぜ宇宙開発を行う事ができるのか?
その利点や欠点を見ていきたい。

宇宙開発を日本企業で行う利点は?

•要素技術(各宇宙用製品を作る技術、たとえば、宇宙服なんかもが国内にあり、

•蒲田の町工場にあれば、何でも作ってくれたり、技術力のある町工場がたくさんある。

•ロケットの打ち上げは東南海に向けて行われる(地球の自転の関係上こちらの方が好都合)もので、日本の場合は、東南海がすべて海に囲まれていて、打ちやすい。

•政府の規制はあまりない。jaxaの言う無線の待機確保などそういったものを順々にこなしていけば無理なくできるという。

日本で宇宙開発をする欠点は?

•日本の海にはどこでも漁師さんがいて、ロケットの打ち上げをするとなると、量が行われていない時期を選ぶなど、漁師さんとの交渉が必要になる。

•ロケットの燃焼実験をする場所があんまりない

•日本の自治体との交渉が面倒

•日本の漁業との交渉

•これら宇宙に行く迄の日本の窓口が複雑でそれらの交渉をする人間をつけないといけない

スポンサードリンク

宇宙開発して儲かるの?

もともと設けるつもりはないそう。
日本の上場企業の社長をやっていたから、金儲けのイメージがついてしまったと嘆いている。

だが、本当に宇宙開発が儲からないのか?
そんなわけはないのである。
宇宙開発における技術を用いたスピンオフ商品というものがこの世にはたくさんある。
自動車のエアバックシステムもロケットの点火システムの技術を用いて膨らませています。

衛生カメラの技術が、地上の360℃改造カメラに用いられている。
宇宙から地上を見渡す時、たった一点から地球の平面をくまなくモニタリングしなければならず、それを鏡面に移して図を修正して写している。その技術が監視カメラや建物の屋上から下を見渡すのに使うカメラに用いられている。

まとめ

このように宇宙開発を行う事で得られる技術が地上の産業発展に大きく貢献しています。
もちろんこれらの技術開発に投資して、特許権を得る訳ですから、宇宙開発を行う人の利益もある程度見込めるという事です。
まああくまで成功すればの話ですが。
でもこの宇宙開発には夢がたくさん詰まっているので、成功してほしいですね。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ