今江敏晃の夫婦円満の秘訣は恐妻家の妻(嫁)幸子さんにあった

   

   スポンサードリンク
                   

千葉ロッテの大黒柱として活躍する今江敏晃さん。
妻が怖い事で有名な今江敏晃選手
野球選手としての今江さんの活躍の裏には奥さんの幸子さんの支えが大きかったとテレビやメディアで公表しており、夫婦円満な理想的家庭を築いている。

最近では、夫婦でNPO法人「ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ」の理事を務めており、夫婦二人三脚でその活動の幅を広げている。

今回は、今江選手の活躍と今江夫婦の円満の秘訣に迫って行きたいと思う。

2人の出会い

野球選手が集まるパーティの席で、今江選手が幸子さんに一目惚れしもうアタック

その後デートを重ねるうちに、幸子さんの気配りや優しさにどんどん惹かれて行ったとか。
幸子さんは今江選手が一軍の試合に出たてで骨折して悩んでいた時、早くなおるような献立を考えて支えていたそうです。

また同時に幸子さん自身も前向きでガッツのある今江選手に野球選手としての未来を感じてお互いに結婚を考えるようになったと言います。

妻幸子さんの恐妻家エピソード

デットボールよりも妻の蹴りの方が怖い?
今江選手曰くデッドボールは当てられれば塁に出られるが、妻の蹴りを食らえば、家を出さされるそうです。笑

また結婚前のデート中、別の女性から電話がかかってきた時に幸子さんが勝手に電話に出たり、クリスマスプレゼントをあげなかった事を3ヶ月間責められ続けた事もあるなど、恐妻家のエピソードは尽きません。

しかし幸子さん曰くこれらの行為は全て夫の教育の為であり、電話に勝手に出た事はお互いの中で隠し事話という線引きを作るため。

そしてクリスマスプレゼントの事で責め続けたのは、記念日を大事にし社会人として気遣いの出来る男になってもらう為なのだそうです。

スポンサードリンク

妻幸子さんの献身ぶりがすごい

結婚してから、今まで全ての食事メニューを記録しており、献立の決め方についてブログで次のように語っておられます。

いつ献立決めてるの?とありましたが、私はそのときによってちがいますが、朝なんとなく頭に浮かんだものを作るときもありますし、主人の試合をテレビで観戦しながらきめるときもあれば、でもだいたい主人の朝の体の調子や前の晩の試合の様子なんかをみて今の体に必要なものは何か?と考えながら献立をたてています。
引用元:妻幸子さんのブログ

さらに同ブログでは、夫が試合で疲れて帰ってきた時にファンの為に夫の状況を報告したりと、夫のかわりにブログ運営もしていらっしゃいます。

さらに、まだ無名だった今江選手がプレッシャーを感じないように次の言葉を投げかけ続けたそうです。

「もし万が一、野球で成功できなくても全然平気よ。あなた、まだ20歳そこそこじゃない。その時はその時。野球をクビになったとしても私がなんとかするから」
引用元:千葉ロッテ今江の妻が夫に言い続けてきた言葉

まとめ

恐妻家と恐れられている幸子さんですが、ここまで今江選手に献身的に尽くしておられるのですね。

今江選手が千葉ロッテで活躍するスター選手になれたのも幸子さんのかけがえのない支えがあったからでしょう。

これからの今江選手の更なる活躍を期待しています。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ