動画)本田望結と妹紗来のスケートの実力は観客が感涙するレベル?

   

   スポンサードリンク
                   

「家政婦のミタ」に出演し、人気子役の座を不動の物にした本田望結(ほんだみゆ)ちゃん。

本田望結ちゃんは女優業だけでなくフィギュアスケートでも実力がずば抜けており大会で表彰台に立つ程です。
本田望結のインタビュー時の写真

そして、姉と同じ美貌を兼ね備えた妹の本田紗来ちゃんもフィギュアスケートでメディア露出しています。

さて、そんなお二人のフィギュアスケートの実力はどうなのでしょう?

こちらに2人でフィギュアスケートを共演したときの動画がありますのでご覧ください。

有名な「アナと雪の女王」を歌う神田沙也加を本田兄弟がスケートで演出している。

まさに映画と同じ美人姉妹2人のパフォーマンスは、女性監督ジェニファー・リーの心を動かした。

元々ジェニファーリー監督は「現代を生きる女性が共感を抱く事が出来る物語」を目指していただけに、小さな女性が活躍する様に心を打たれたのだろう。

さらにソチ五輪のフィギュア男子銀メダリストのパトリックちゃんからは次のような評価を受けている。

「望結は滑りがまっすぐだった。体の上下がなくて波がないから、ダイナミックな滑りになっていない。僕のスケーティングがほかの人と違うと言われるのは”上下の波”があるからだと思う。波があると滑りにスピードも生まれるから美しく見える」
引用元:パトリックちゃんから演技指導を受ける本田望結

また姉の本田真凛ちゃんもトム•ディクソン氏から同じようなアドバイスを受けていました。
「ジャンプした後の動きをもっと激しく」
「ジャンプした後ターンして上下の動きをつけて」

姉妹だけにフィギュアスケートのスタイルもにてくるのでしょうか?

それにしてもお姉さんの方がバネがあるのかトリプルアクセルや4回転ジャンプを器用にこなしていました。
お姉さんの方が将来的に有望株なのか?期待が高まります。

スポンサードリンク

エフゲニー・プルシェンコ氏からもアドバイスを受け、フィギュアスケートと女優の両立は無理だからどちらか一方にしぼるべきだよと言われていました。

これだけ有名な選手からアドバイスを受けられるというのはネームバリューだけでなく実力が伴っているからなのでしょうね。

まとめ

本田望結ちゃんのフィギュアスケートでの実力と評価を書いてきました。

気に入っていただけたでしょうか?

元々女優をしており、演技力は十分であるだけにこれからの表現力の伸びに期待ができそうですね。

これからも頑張ってください。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ