(動画)(正訳)ミュラーインタビューの同時通訳「優勝したからいいや」

   

   スポンサードリンク
                   

7月14日ドイツ対アルゼンチンのワールドカップ決勝戦がありました。

結果としては1:0でドイツが勝利し、1990年以来24年ぶりに優勝が決まりました。
決勝ゴールを決めたのはゲッツェ選手で、ここにきていきなりヒーローとなりました。

その試合後のインタビューでミュラー選手が同時通訳を受けているのですが、そのインタビューの翻訳が面白いと話題になっております。取材はNHKの同時通訳者が行っております。

ミュラー選手「優勝したからまあいいや」
です。
笑っちゃいますよね

同時通訳だから、かなり翻訳が大変だという事も分かるのですが、世界中が注目する優勝国のエースの答弁をこんな情けないものにしてしまうのは、どうかと思います。
BsdQWQdCIAE56F2.jpg-large

インタビュー動画は決勝ゴールをアシストしたAndré Schürrl(アンドレ•シュールレ)のものです。

以下が訳した内容です。
「私が経験した中で、こんな喜ばしい瞬間はないよ。泣かずにはいられない。」

スポンサードリンク

です。
たどたどしい感じで、いかにも優勝の瞬間が信じられないと言った感じでした。
他の選手は端的に優勝の喜びを表現しているのに、なぜミュラー選手だけ!?!?
となりますが、まあミュラー選手はワールドカップ中にクラブでへんてこな踊りをしている動画が流出していたので、あながち変な受け答えをする選手で間違いないのかもしれません。笑

残念ながら他のドイツ代表選手のインタビューは見つけられませんでした。
見つけ次第随時更新していくので、ぜひ見ていってください。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ