(動画)脱毛症の美少女が14歳から6年分の自撮りをスライドショー

   

   スポンサードリンク
                   

究極の自撮りと題され、話題を呼んでいる自撮り画像を公開しているのはレベッカ・ブラウンさん。

今回はその注目の動画と、現在のレベッカ・ブラウンさんの公開されている生活に注目してお伝えしたいと思います。

まず動画がこちら

この動画をレベッカブラウン(Rebecca brown)さんの目的は

この動画で視聴者の皆様に脱毛症がどういったものか分かってもらう為に投稿したそう。

しかし毎日同じ角度で、同じカメラ位置でぶれないようにとるのはすごい事だなと思います。
たまに外出先でとったであろう写真も顔の角度や写真での位置がぴったり一致しています。

すごい忍耐力と継続力です。

脱毛症とは

•幼少期のトラウマやストレスが原因となって毛が抜けていくもしくは自分で抜く事をさします。

•また、男性が加齢とともに禿げていくのも脱毛症の一部と定義されています。

•ほかにも老人性脱毛症と行って60歳を過ぎて体毛が薄くなる現象も脱毛症の一つです。

彼女の脱毛症の場合は一つ目が原因で、ストレスを感じるたびに自分で毛を抜いてしまっていたそうです。
自分で毛を抜くストレスの発散方法を覚えたのは12歳で16歳の頃にはほぼ禿げ状態

19歳で仕方なく髪の毛を全そりしてしまったと言います。

スポンサードリンク

レベッカブラウンさんによるフリートーク

youtubeにBeckie0という名前で動画を投稿しています。そこでは彼女が質問に答える形でいくつかの自身に関する質問に答えています。

写真数は?
2374日の撮影日数で写真数は大体2100枚

写真をなんでなくしたの?
7年前の最初の二年間は、カメラを持っておらず、PCのウェブカメラに頼っていた。SDカードに移す時になると、契約が終わっていていくつかの写真は消えてしまっていた。

もう治ったの?
まだなおっていない。未だに髪の毛は抜けていっているけど前ほどじゃない。
毎日が脱毛症との戦いよ。

Photoshopは使ってる?
30%はPhotoshopで修正しているわ

という事でした。
彼女の脱毛症が良くなる事を願っています。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ