(動画)西嶋投手の超スローボール批判の岩佐徹元アナの巧みな炎上商法

   

   スポンサードリンク
                   

元フジテレビアナウンサーの岩佐徹氏のTwitterでの高校球児に対する批判が騒動となっております。
岩佐徹元アナウンサーの写真はこちら
西嶋投手の超スローボール投球術を批判しtwitterが炎上した元アナの岩佐徹氏

事の発端は、東海大四校(南北海道)の西嶋亮太選手の投球です。

137kmのストレートをより際立たせる為の超スローボール
*西嶋亮太投手の超スローボールはyoutubeで検索していただければすぐに見る事ができます。

代わりにプロ野球でも超スローボールで有名な
多田野数人投手の動画がこちら。

どうですか?

面白い投球術ですよね?
一旦遅い球を挟む事で、スピードでは周りに少し劣る自分の球を際立たせるこの投球術

プロ野球の選手でも当初はいきなり投げられると対応できずに、打ち損じる事が目立っていました。
今では、もう簡単にヒットされる事が多くなってきたのであまり投げる事もなくなってきてしまったみたいで、投球術として確立できたのかどうかは微妙な所です。

スポンサードリンク

さて、西嶋亮太投手のこの投球に対して岩佐徹氏が発した発言がこちら

東海大四のピッチャーのスローカーブ・・・ダメとは言わないが、少なくとも、投球術とは呼びたくない。意地でも。こういうことやってると、世の中をなめた少年になって行きそうな気がするが。ハハハ。

岩佐徹氏のTwitterより

どうでしょうか?
なにか意地の悪さを感じる文言の数々に少しイラッとさせられたのは僕だけではないはずです。
その証拠にこのツイートに対する反応はすでに1500に上っております。(8月15日23時時点)

そしてこの騒動に対する釈明がこちら

ウへ、恐ろしい。袋叩きに遭ってる。攻撃してるわけじゃなくて、こういうのはやだねえ・・・と、感想を述べてるだけなんだが。

岩佐徹氏のTwitterより

これはもうひどいですね
これが何かしらの不祥事を起こした企業の社長であったのならば、この程度の騒動では済まなかったでしょうね・・・

「ウヘ」という若者言葉のようなネットスラングに謝罪無しのいい訳。
還暦をすぎた大人のする行為ではないのは明白です。
もう少し現状を受け止めて高校球児に対する謝罪があっても良かったのではないかと思います。

超スローボールはプロ野球でも多田野選手が投げられていたこともあるので、批判するならそっちの方がまだ正しいのではないでしょうか?
議論するという形でプロ野球のあり方をあーだこーだというのはよくなされている事ですし。

精神的に出来上がっていない高校球児を槍玉に挙げるというのはそれ自体が謝った行為だと思います。

これだけメディアに注目された行事ですので、批判が出てこないというのも難しいと思いますが、そういう心がけを観客一同持っていけるようにしたいものです。

では批判ばかりしていてもしょうがないので、岩佐徹氏野これ迄についてまとめてみました。

岩佐徹氏の経歴

1938年生まれの今年76歳
かなりご高齢ですね
慶応大学文学部を卒業し、フジテレビに入社後wowowなどでスポーツアナウンサーとして活躍。
退社後はtwitterやブログ等で自ら情報発信している。

運営されている岩佐徹氏のブログ
title=”岩佐徹氏のブログOFF-MAKE” target=”_blank”>http://toruiwa.exblog.jp

まとめと岩佐徹氏の真意

岩佐氏のブログを拝見したのですが、元々人を批判するような文章が多く見られました。

良ーく見ていくと、、、
小馬鹿にはしているのですが、そんなに不快にさせられるほどのものではない。

むしろちょっと面白く人を引きつけようとしている?感じの文章でした。

この事から、もしかすると炎上商法を用いているのでは?
と。
76歳の方が流行の炎上商法をを用いるとは。感服いたしました。笑

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ