北斗晶のメキシコ武者修行でのギャラと生活と恋人|北朝鮮との関係は?

   

   スポンサードリンク
                   

アナザースカイで取り上げられた北斗晶さんの第二の故郷メキシコ
とても綺麗な街ですよね

さて今回はこの美しい第二の故郷メキシコと北斗晶さんの関係についてご紹介したいと思います。

メキシコってどんな所?

一度でいいから行ってみたい!!
と思った方もいらっしゃったんじゃないでしょうか?

スペイン語を母国語としており、ラテン音楽や、ラテン系といったジャンルの発祥の地でもあります

情愛豊かで気楽な人々のイメージが強いですよね
風景はこんな感じ
アナザースカイで取り上げられた北斗晶の修行場メキシコの風景

メキシコを舞台にした映画は最近非常に多くその情景の美しさから虜になる人も多いですよね
Huluで配信中の「天国の口、終わりの楽園」でもそのメキシコの生き生きとした風景が見られます。

日本女子プロレスとメキシコとの関係って?

CMLLというメキシコ最大のプロレス団体と新日は業務提携を行っており、メキシコのもう一つの団体AAAも日本のノアと業務提携を組んでおります。

その関係からメキシコマットとの交流が多く、当時は多くのプロレスラーが武者修行にメキシコを訪れていたそう。

最近の武者修行

かつて、武者修行と言えば、行きの航空券チケットだけをとり、現地の言葉も分からないまま放り出されて、プロとして生活するという過酷な物でした。
また日本より、海外の方がプロレス技術が圧倒的に進んでいたので、学べる部分も非常に多かったのですが、最近では日本の技術も追いついてきたことから、あまり武者修行に行く人は少なくなってきました。

さらに、インターネットの普及で現地での生活も容易な物となり、それほどインパクトのある修行方法と言う物でもなくなってしまった事も関係しているかもしれません。

メキシコプロレスとの関係性が薄くなっているような気もしますが、仲の良い関係をこれからもずっと続けてほしいですよね。

メキシコ武者修行時の北斗晶

リングネーム:レイナ吹雪
日本のリングネーム北斗晶とは違う名前を使用していました。

メキシコ武者修行を終え最強になった北斗晶

メキシコマットで活躍していたときのギャラはタコス(メキシコの伝統的な料理)だったとかいう話もあります。

本人がテレビでネタにしていましたがほんとかどうか???笑

メキシコ武者修業時代の北斗晶の恋人

タリスマンジュニア(改名後はマスカラ マヒカ)という覆面レスラーと交際していた。

覆面レスラーなので特に画像はなしです。すみません
現在の夫である佐々木健介さんと出会う直前迄交際は続いていたらしく、恋人が北斗晶さんの実家のある埼玉の家に居候していた事も。。

スポンサードリンク

北斗晶と北朝鮮の関係

日本のプロレスラーの方にとっては北朝鮮が第二の故郷!なんて言う方も欠航いらっしゃったりするのではないでしょうか?
アントニオ猪木さんもたびたび北朝鮮を訪れては、メディアからいろいろなことを言われていますよね?

というのも、日本プロレスの祖「力動山」の故郷が北朝鮮なのです。
実際に力動山さんの娘さんは北朝鮮に住んでいらっしゃいます。

力動山さんの厳しい教えに共感するレスラーは数多く、今でも尊敬する人も多い。

ということで、北斗晶と北朝鮮は直接関係はないが、複数の師弟関係を通して深くつながっていると行った所だろうか?

記事を読んでいただきありがとうございました。

参考になれば、ソーシャルボタンにて「いいね」を押してくだされば嬉しいです。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ