夏の海に向けて動かずやせる!首と手のツボ押しダイエットの簡単なコツと原理

   

   スポンサードリンク
                   

7月にはいり、徐々に気温が上がりだし、夏の到来を感じる今日この頃です。

皆さんは夏にどんな計画を立てていますか?友達と海や川に行きます?

すてきな異性を落とすためには水着は男女ともに書かせないですよね

 

引き締まった筋肉質な体、張りのあるつやと曲線のセクシーな体

いつかは達成したいと思っていても、なかなか重い体は動き出してくれません。

 

そんなあなたにお勧めなツボ押しダイエット打あります。

スポンサードリンク

一つは首の後ろです!

基本的に首の後ろって風邪を引いたときに暖かくしたり、体の重要な部分として知られていますよね?

 

この部分は体の重要な代謝のスイッチとなっています。

お風呂にはいるときに40℃の温かいお湯と20℃の冷たいお湯を交互に首の後ろにあてます。

各動作を30秒ずつ5セットやるので、5分でできます。

 

さて、なぜこれでやせられるのでしょう?

ヒントは先ほどあげた代謝のスイッチです。

 

 

いったん暖まっている状態から、人が冷たい状態に放り出されると、人の体は体温を保とうとして、エネルギーを消費します。

首に水を当てるのはなぜなのか?

普通の組織だと、暑さ寒さの認識の伝達が遅いのです。

「なんで?」と思うかもしれません。あなたの手や足は瞬時に氷の冷たさを感じる事ができるし、エアコンの空調の変化を感じる事も可能です。

でもその認識は脂肪を燃やすための認識ではないのです。

脂肪を燃やすためには、体の中に蓄えているエネルギーを放出する必要があるので、体に脂肪燃焼の信号を送ってあげないといけません。

 

そのために首に水を当てるのです。

ちなみにこれは褐色脂肪細胞という組織が関係しており、手の平の部分だけで首の時と同じ動作をしてもそれなりの成果は得られるそう。

 

でもやっぱり首が一番だと思います。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ