孫正義社長の右腕となったニケシュ・アローラ氏の学歴と経歴と評価

   

   スポンサードリンク
                   

元Google最高事業責任者のニケシュ・アローラ(nikesh Arora)氏が10月よりソフトバンクのバイスチェアマン(副会長)として招聘される事に決定した。
dbe79116

今後は孫正義社長の右腕として働く彼であるが、彼のGoogleやそれ以前の輝かしい経歴と学歴を紹介したいと思う。
1989年にインドのバラナシ工科大学(BHU)という大学にて電気工学学士(bachelor)の資格を取る。

ボストン大学で修士号を取得

ノースイースタン州立大学で経営管理学修士号(俗にいうMBA)を取得

T-mobile Europeに入社し、製品開発やマーケティングの指揮を執りました。
この会社では後にCEOや取締役を歴任しています。

そして2004年にGoogleに入社し、2009年から、上級副社長兼最高事業責任者となっております。

ニケシュアローラ氏の評価は?
GoogleのCEO兼共同創設者のラリーペイジからの評価
Google社員にとってのみならず、私にとっても、非凡なリーダーであり、教育社である。

孫正義社長からの評価
彼は電気工学の知識や経済的感覚と戦略に対する洞察力(insight)、通信業界に精通する知識、Googleでの10年にわたる経験、どれをとっても異色な能力を併せ持つ希有な存在

スポンサードリンク

と各界からすばらしい評価を受けています。

今後ニケシュアローラは、ソフトバンクをどのように発展させていくのか見物である。

また孫正義社長がニケシュアローラ氏を獲得した真の動機を考察しているので、こちらも合わせて見ていただきたいです。

http://丸見えニュース速報.jp/ニケシュ・アローラの年収とポストt-mobile買収-287

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ