画像)昭和代表の美人夏目雅子は整形だった!!逆まつげの写真も挿入

   

   スポンサードリンク
                   

昭和を代表する美人で今なお根強いファンをもっている夏目雅子さん。

急性白血病で27歳という若さでなくなってしまいましたが、死の淵に居る時でさえ舞台に出るんだと泣きじゃくった女優魂はすごいです。

そんな夏目雅子さんの兄が出版されている本のなかで夏目雅子さんが整形していたという事を告白しています。

内容は、夏目雅子さんは元々逆まつげだったため、逆まつげを直す為に手術をして二重まぶたにしたという事です。
圧倒的美人の夏目雅子

上は演技力に磨きがかかっていた頃の夏目雅子さんです。

デビューしたての頃は棒演技でNGを50回も連続で出した事も有ったそうですが、この写真の頃になると熟練の演技力になっています。

スポンサードリンク

逆まつげとは?

眼瞼内反,睫毛内反,睫毛乱生と呼ばれ、まつげが角膜の方を向いて反り返っており、目が開けにくくなるため目が小さくなる病気で、保険治療の対象ともなります。

症状としては、まつげによって角膜が傷つけられやすくなるため、目ヤニが出来やすかったりするほか、充血、痛み、涙目、かゆみ等が挙げられます。

逆まつげになってしまう原因として、まぶたの肉が腫れぼったく、目にかぶさるようになっていた場合、それを裂けるようにまつげが生えるので逆向きになるという事です。

逆まつげの治療法は普通の整形手術と同じで、埋没法か切開法によって行われます。

それでは夏目雅子さんの整形前の写真を二枚紹介したいと思います。

夏目雅子の整形前写真

日焼けした夏目雅子の整形前

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ