映画”監獄島”出演の日本人俳優マサ・ヤマグチの経歴,身長に迫る

   

   スポンサードリンク
                   

ハリウッド映画「監獄島」で日本人格闘家の役で出演しているマサ・ヤマグチの詳細なプロフィールについてまとめていきたいと思います。

監獄島に日本人役で出演のマサヤマグチ

マサヤマグチのプロフィール

  • 生年月日:1974年7月9日
  • 身長175cm
  • 特技:日本武道,柔道,居合抜刀道,イラスト,ダンス
  • 趣味:絵画,読書,旅
  • 言語:日本語,英語
  • 生まれ:イギリス
  • 育ち:日本(中学生の間)→15歳からオーストラリアへ
  • 夢:アカデミー賞を取ること

ヤマグチマサの他の出演作品

  • ザ・コンデムド
  • スターウォーズ3
  • スーパーマン・リターンズ

また監獄島自体はストーン・コールド・スティーヴ・オースチン等有名なプロレスラーの方が多数出演しており、ほぼ全員ガチムチ系の筋肉男ばかりです。

そこに格闘家枠としてマサヤマグチさんが出演していました。

なかなかの役どころで8人目として殺られるまで、生き残っていました。
出演場面のかなり多いです。

ハリウッドの映画に出演する日本人役はたいてい中国系の人が使われているので、かなり珍しいかと思います。

作中でも、日本語で「しばくぞこらぁ〜」「死ねやぁ〜」などと巻き舌で連呼するシーンが有ります。
これについてはインタビューで次のように答えています。

「最初は香港人という設定だったんだけど、監督と話し合いを重ねて日本人にしたんです。ちなみにサイガという役名は親父の命名」とここでも持ち前のガッツを発揮。「最初はセリフも英語だったけど、それもおかしいだろって話になって日本語に(笑)。セリフは全部僕が考えたもので、スタッフに日本語をわかる人がいなかったから自由にやりましたよ」

引用元:
マサヤマグチさんのガッツで完全な日本人役にしたということですね。

途中で仲間になったマクスターリー役のヴィニー・ジョーンズとの意思疎通もほぼアイコンタクトで、
日本人役を貫き通しています。

しかしマサヤマグチさんは英語圏で育ったこともあり、英語は堪能ですので、これから出演もどんどん増えていくと思います。

今後もハリウッドのアクション系映画で活躍してくれることを期待しています。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ