萩原流行がバイクで事故|うつ病を患っており1週間前にも転倒事故が!

   

   スポンサードリンク
                   

萩原流行(62歳)さんが4月22日の午後6時ごろ、杉並区高円寺南の青梅街道でバイク事故で転倒しているところを発見されました。

救急隊員が駆けつけ、病院に搬送しましたが1時間半ほどで帰らぬ人となってしまったそうです。

乗っていたのは白のハーレーダビッドソンです。
萩原流行の乗っていた白のハーレーダビッドソンの類似品

萩原流行はここ一年で多くの交通事故を経験していた?

2014年10月にも、乗用車を運転中に歩行者と接触し、
さらに走り去って逃げた罪に問われておりました。

そしてつい先月、自動車運転処罰法違反(過失傷害)などの疑いで書類送検されていました。

さらに先日(2015年3月23日)も、今回の事故現場の近くの路上で転倒し、頭部と右手甲を打撲、怪我していたそうです。
工事現場の交通整理のために、急停止したトラックを避けるために自ら転倒して回避したための怪我だということです。

スポンサードリンク

萩原流行はうつ病も患っていた

奥様のまゆ美さんと一緒にうつ病にかかっていたことが、萩原流行さんの著書「W うつ」の中で書かれています。

現在はうつ病を克服し、元気な姿をテレビの前で見せることもあり、持ち前の毒舌で再ブレークの兆しがあっただけに、残念です。

萩原流行のプロフィール

今一度萩原流行さんのプロフィールを振り返ってみたいと思います。
トレードマークはテンガロンハット
1972年19歳でデビュー

「蒲田行進曲」で映画会に進出し、俳優としての人気を確立

近年は、萩原流行アクターズ・スタジオを経営しており、精力的に後輩の育成にあたっていた。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ