葉加瀬太郎のバイオリンの値段|特技は楽譜でゲイを見抜く?

   

   スポンサードリンク
                   

葉加瀬太郎さんが「マルコポロリ!」に出演し、自身の幼少期からのエピソードを語ってくれたり、、使っているバイオリンの値段も披露してくれました。
その辺のマル秘情報をお伝えしていきます。

葉加瀬太郎がこれまで使ってきたバイオリンの値段は?

大阪府吹田市の千里ニュータウンという団地で生まれた葉加瀬太郎さんは、ご両親の教育から4歳から音楽を勉強させられることになりました。

団地だからピアノは入らない、近くの公民館で月に1,2回「スズキ・メソード」のヴァイオリン講座があったことからヴァイオリンを練習することになったそうです。

その当時は子供用の小さいヴァイオリンを買ってもらい、練習に励んだそうです。

一番最初に持ったヴァイオリンの値段は明かされていませんでしたが、「Suzuki」というバイオリンメーカーの出す子供用セットが5万円くらいなので、その前後でしょう。

そして、普通は成長とともに徐々に大きいヴァイオリンに持ち替えていくのですが、葉加瀬太郎さんは小学校6年生で一気に大人用のサイズのバイオリンになったそうです。

しかし、このとき手にしたヴァイオリンがすでに100万円!!
ソムリエ育成学校の先生として働いていた父は、バイオリンをやめさせようとしたようですが、お母さんが続けられるようにしてくれたそうです。

そして、現在使っているバイオリンの値段はなんと1億円!!!
1860年台にイタリアで作られた明記だそうで、時代の経過とともに値段が上がってきているそう。

楽器は、年代の経過と使い込みによってより深みのある音が出るようになることもあり、投機目的楽器を買う人も増えていることから、最近は楽器の値段が上がってきてしまっているそう。

葉加瀬太郎の特技は?

今までありとあらゆる楽譜を読んできたことから、楽譜を読むだけで書いた人のある特徴がわかるようになったとか。

それは、書いた人がゲイであるかどうか!!
もともとゲイ文化の究極はナルシズムなので、書いた楽譜も身だしなみを整えるように綺麗に書かれているそう。

音重視の作曲家の人たちは、自分のアイデアを譜面という伝達手段で伝えられればいいということで、書き殴りしていることが多いそうです。

それに比べて、ゲイの人はかなり綺麗に書いているそうです。

ちなみに葉加瀬太郎さんが思うゲイの作曲家は、チャイコフスキーとラヴェル!

チャイコフスキーの時代はゲイとわかれば死刑の時代だったので、公にされていないが確実だそう。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ