葉加瀬太郎の情熱大陸創作秘話エピソード|ジェラシー等の掛け合わせ

   

   スポンサードリンク
                   

情熱大陸のオープニング曲、エンディング曲の製作者としても有名な葉加瀬太郎さん。
葉加瀬太郎

この写真はmiwaさんとのツーショットです。

続きまして、こちらがライブ時の情熱大陸のテーマ曲「Etupirika」の演奏映像です。

ライブパフォーマンスを見てもやはりスター性にあふれています。

今回はこの情熱大陸のテーマ曲「ETUpirika」に制作秘話について迫っていきたいと思います。

スポンサードリンク

情熱大陸のテーマ曲の制作秘話

番組のプロデューサーから次のようなことを言われたのが仕事の始まりだったという。

「心にバシッとくる30秒位のオープニング曲作ってほしい
期間は1週間」

当然製作期間の短さもあり、製作は難航した。

そこで思いついたのは、当時ライブで演奏していたある曲のAメロとある曲のBメロをつなぎ合わせること。

その曲とは?

情熱大陸のテーマ曲は持ち合わせ局の掛け合わせだった

一つ目が「Jealousy」のBメロです。

こちらの10曲目が「Jelousy」になります。

この曲と、ライブ限定の「ファイヤーファイヤー」のAメロを掛け合せることで急ピッチであの名曲を作り上げたそうです。

名曲の制作の裏側にはこんな仕事人な一面も持っていたとは、驚きを隠しきれません。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ