野々村竜太郎議員の事務所はUR賃貸物件で契約違反!?UR賃貸住宅と新たに出た疑惑とは?

   

   スポンサードリンク
                   

7月8日現在、野々村竜太郎議員に対する新たな疑惑が浮上した。

今まで、野々村竜太郎議員の自宅として報道されていた、西宮市内のUR賃貸住宅ですが、こちら、政治活動用の事務所として利用されていました。

UR賃貸住宅とは?
こちらは、UR都市機構が運営する格安で部屋を借りる事のできるサービスです。
物件としては、都市公団から引き継いだ物件を運営しています。
都市再生機構(Urban Renaissance Agency)の頭文字をとってUR賃貸住宅と命名しております。

超お得な特徴
1.敷金、礼金が無料
2.仲介手数料が無料(本来の物件探しでは、不動産屋さんに紹介してもらうという形をとるので、不動産屋さんに仲介手数料を払う必要がありますが、URの場合ですと、URの営業センターを介して物件を決める事ができますので、手数料無料)
3.更新手数料が無料(二年目以降は更新手数料を別途とる場合がありますが、URではとりません)

これらの特徴からURに引っ越す場合ですと、普通の物件の場合より平均40万円安く抑えることができます。(筆者が不動産屋さんに行って確認済み)

スポンサードリンク

こういった格安な条件だからこその縛りがあり、その条件に野々村議員は抵触してしまったようです。

URは格安で日本の皆様に住んでもらうための物なので、住居としての使用以外を禁止しております。

しかしそのUR賃貸物件を政治活動用の事務所として使用しておりました。

さらに、注目に値するのがその登録していた政治活動の団体名をコロコロと変更していた事。

西宮維新の会→西宮希望の女神→地域政党最後の希望
です。
これを一年ちょっとのスパンでやってしまっております。

なかなか心変わりの早い人ですよね

こんなことをやっていたら、そりゃおかしいなと気づかれてしまいますよね
これからどんな情報が出てくるのかに期待したいと思います。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ