ANAの深夜便が羽田ー沖縄間で就航も日付の予約間違いが多発!補償は?

   

   スポンサードリンク
                   

夏休みがそろそろ始まりますね。
家族を持つお父さんは、家族サービスに大忙しで休暇中も休む暇がないと言うのが本音ではないでしょうか?
疲れている時にやってしまうとついついミスしがちな航空券の予約について今回は説明させていただきます。

さて、夏休み限定という事で、ANAが羽田ー沖縄間の深夜便を運行させ始めました。
羽田を0時に出発して沖縄に2時30分に着くというNH999便
そして、沖縄を4時40分に出発して羽田に7時につくというNH1000便
この二つの便を駆使すれば、仕事終わりに家族と沖縄平気、沖縄帰りにまた出社できるという鬼畜な旅行プランが立てられるので、お父さん達は大喜びでしょう。。笑

しかし、このプランに関して間違いが多発しており、ANAが検索上位で注意喚起を促しています。
以下こちらの記事をご覧ください。

深夜便*のご予約をお持ちのお客様につきまして、予約日を間違えて申し込まれたり、搭乗日を間違えて一日遅れて空港にお越しになる事例が発生しております。
深夜便の場合、ご搭乗手続き開始は、搭乗日の前日夜となりますのでご注意ください。
*日付が変わった(0:00~01:59)に出発するフライトを「深夜便」としています。

target=”_blank”>http://www.ana.co.jp/wws/sg/j/asw_common/checkin/midnight/

内容をまとめると、深夜0時過ぎの便も前日付けで航空券をとってくださいという事。
例えば7月2日の0時10分初の飛行機だと7月1日付けでとらないといけないんですね。
なぜかというと、営業時間としては前日換算になるので、航空券の日付も前日換算という事です。

さてこの予約間違いに関する補償は聞くのか?
と言った所も抑えておいた方がいいのではないでしょうか?
ANAの航空券キャンセル補償の規約によると5日前までが補償の対象となっております。

スポンサードリンク

よって飛び立つ前日にトボトボと空港に行っても補償してもらえないんですね。

ちなみに5日前だと、2万円+取り消し手数料+手配手数料で航空券代を返してくれるそうです。

ぜひ注意してください。

    

    スポンサードリンク
         

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ